スポンサーサイト

  • 2010.06.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)

 地域の精神保健医療や福祉をめぐる実情を把握し、今後の医療政策に盛り込む提言をまとめるため、厚生労働省は5月31日、「新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム」を立ち上げ、初会合を開いた。会合では初回から活発な議論が交わされ、過去からさまざまな形で検討が重ねられてきた精神保健医療のあり方が、医療現場や患者側の受け止めとしていまだこう着状態にあることや、抜本的な地域医療体制の変革の必要性などを指摘する声が相次いだ。

 初めに検討チームの主担当を務める足立信也政務官があいさつし、「気分障害・うつ病はもはや国民病といっても過言ではない。また障害者をめぐる状況についても、全体の見直しをする必要があり、『アウトリーチ(訪問支援)』が重要と考える。地域には今どのようなことが必要かという観点で、忌憚(きたん)のない意見を交わしたい」と述べた。

 続いて厚労省側の事務局が、精神保健医療の現状について説明。2004年に同省がまとめ、10年計画で行う施策が盛り込まれた「精神保健医療福祉の改革ビジョン」に基づき、計画の中盤を過ぎた現時点での進ちょく状況が報告された。その後引き続き、報告について構成員が意見交換を行った。 高木俊介構成員(たかぎクリニック院長)は、「今必要なのは、今後の精神医療が向かう方向性や将来像をきちんと示すことではないか」と提起。これに対し、「国としての方向性、精神医療に推進力ある枠組みを(作るべき)」など、各構成員から同調する声が相次いだ。
 また、精神医療を受けた側の代表として出席した広田和子構成員(精神医療サバイバー)は、「20年近く、サバイバーとして厚労省のさまざまな検討会に出てきたが、精神医療を取り巻く状況はいまだに何ら変わっていない」と厳しく断じた。福田正人構成員(群馬大医学部准教授)も、「精神保健医療の全体像を見直さない限り、アウトリーチ体制だけを整えても変わらないのでは」と述べ、会合では、現状の把握とともに将来的なビジョンを打ち出す必要性が確認された。


【関連記事】
自殺・うつ病対策の5本柱まとまる―厚労省PT
うつ病が回復しない原因、「自分の性格」と考える患者が7割超
来年度事業計画を決定―日本精神科病院協会
精神医療検討会、報告書案を大筋で了承
精神保健医療福祉の重点施策で報告書案―厚労省

<鳩山首相>続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」(毎日新聞)
議長不信任決議案、上程せず…衆議運委(読売新聞)
<菅首相>民主政調会長に玄葉氏を内定…閣僚兼務へ最終調整(毎日新聞)
<3人死亡>心中か 車内で女性と男児 秋田・横手(毎日新聞)
首相動静(6月1日)(時事通信)

生態系保全目標、大半先送り…条約会議準備会合(読売新聞)

 【ナイロビ=安田幸一】名古屋で10月に開かれる生物多様性条約第10回締約国会議で最大の焦点となる生態系保全の新たな世界共通目標(新戦略計画)を協議していた準備会合は28日、目標案を採択し、閉幕した。

 目標案は、陸や海の保護区設定などの目標値を巡り各国の意見が対立したため多くの部分で保留扱いとし、ほとんどの課題を先送りする内容。名古屋会議での交渉の難航は必至で、議長国の日本は難しいかじ取りを迫られそうだ。

 2011年〜20年までに達成する全体目標について、準備会合では「生態系の破壊を止める」と提案する欧州連合(EU)に対し、より現実的な目標を求め、「破壊を止めるための行動を起こす期間」と主張するブラジルなど途上国の間で対立が深まり、両論を併記するにとどまった。

 全体目標を達成するための20項目からなる個別目標を見ると、自然保護区の設置目標は当初案が陸と海の面積の「15%」だったのに対し、中国が海の保護区の目標値の削除を求める一方、目標の引き上げを求め「20%」とする意見も出てまとまらなかった。「生態系保全の資金量を10倍にする」とした目標も一致が見られず、11項目で保留部分が残った。

「たばこやめて」、1位は「嵐」=市民団体主催のコンテスト(時事通信)
<訃報>岩崎巴人さん92歳=日本画家(毎日新聞)
<刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
口蹄疫 殺処分11万8000頭 ワクチンで感染抑制 宮崎県知事、非常事態宣言(産経新聞)
梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)

<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)

 高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)で17日午前10時48分、放射線管理区域内にある放射線管理室の排気モニターの故障を知らせる警報が鳴った。経済産業省原子力安全・保安院によると、モニターに空気を送り込む「ダストサンプリングポンプ」が、「流量異常」のため停止したという。もんじゅの原子炉は機器の調整などのため、16日から停止している。

 排気モニターは、管理区域内の入り口にあるチェックポイントの監視員がいる部屋などから空気を取り込んで放射線を調べる装置で、現在、測定ができない状態という。環境に影響はない。

【関連ニュース】
もんじゅ:再開1週間 トラブル続出
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ

遺族「裏切られた思い」=福知山線事故報告書漏えい−信楽鉄道事故追悼式・滋賀(時事通信)
6か月長男、熱中症で死亡…母親を逮捕(読売新聞)
バラとガーデニングショウ 黒柳徹子さん、バラを語る(毎日新聞)
MOX燃料加工工場に許可 核燃料サイクルつながる(産経新聞)
<カンヌ映画祭>「アウトレイジ」上映 北野監督姿見せ満席(毎日新聞)

参院選「情勢厳しい」=小沢、亀井両氏が会談(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長と国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)が10日夜に都内で会談し、夏の参院選情勢などについて意見交換していたことが12日、分かった。亀井氏は同日午前、国会内で記者団に、小沢氏との会談について「(参院選の)情勢は厳しい。頑張っていくと(いう話をした)」と説明した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

手足口病が2000年以降で最多(医療介護CBニュース)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)
半導体装置会社が粉飾決算?…監視委捜索(読売新聞)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)

拉致関係府省会議が初会合(時事通信)

 政府は28日、首相官邸で拉致問題関係府省連絡会議の第1回会合を開催した。会合には中井洽拉致問題担当相、松野頼久官房副長官や関係府省の局長級幹部らが出席。北朝鮮に対する現行の制裁措置など政府の取り組みを確認した。
 同会議は、拉致問題対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)の下部組織という位置付け。拉致問題に関する省庁間の情報共有を円滑にするため、昨年10月の閣議で設置が決まった。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜韓国哨戒艦沈没、強まる北関与説〜
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
金元工作員訪日、5月は困難=韓国政府が慎重
金元工作員訪日など協議=中井担当相と韓国外相
基地外で初のPAC3訓練=夜の公園に発射機など続々

不明少年が守った兄のランドセル…発見現場周辺を捜索 佐用豪雨(産経新聞)
「新しい公共」を公約に=フォーラムで首相表明(時事通信)
<全国学力テスト>抽出方式への変更も参加率は7割超(毎日新聞)
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から(産経新聞)
<自民党>参院選比例代表 巨人前監督の堀内恒夫氏を公認(毎日新聞)

<インサイダー容疑>あおぞら銀行員を立件へ…東京地検(毎日新聞)

 あおぞら銀行(東京都千代田区)の40代の男性行員によるインサイダー取引疑惑で、東京地検特捜部は近く、行員を金融商品取引法違反容疑で立件する方針を固めた。行員は企業への融資審査を担当しており、融資情報を利用して公表前に株取引を繰り返し数百万円の利益を得た疑いがもたれている。

 融資先企業が予定していた株式の公開買い付け(TOB)情報を基に、行員がTOBで買収される企業の株を公表前に取引したとして、証券取引等監視委が昨年6月、同行本店などを強制調査していた。

 行員は容疑を否認していたが、その後の調べで別の複数の銘柄でインサイダー取引をした疑いが浮上したことなどから立件に踏み切るとみられる。

 あおぞら銀は、98年に経営破綻(はたん)し一時国有化された旧日本債券信用銀行が母体で00年に発足した。

【関連ニュース】
インサイダー:税理士らに課徴金勧告 TOB情報で取引
インサイダー取引容疑:化粧品販売会社役員に課徴金勧告
合併破談:新生銀行とあおぞら銀行 経営方針巡り溝
新生銀行:最終赤字1000億円規模に 10月合併見送り
インサイダー取引:税理士ら4人疑い TOB情報で

21日に党首討論 民・自が合意(産経新聞)
26日に大関魁皇への顕彰式(産経新聞)
県外移設の要請決議を政府に提出 普天間問題で沖縄県市長会(産経新聞)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走−三重(時事通信)

【風】結婚、出産、育児 広がる価値観(産経新聞)

 女性の人生の大きなターニングポイントは、やはり結婚、出産。「そんなに大事なことでしょうか?」という独身女性も少なくないだろうが、今回は既婚女性の声を中心に。

 ちなみに、「カツマー」の信奉を受ける勝間和代氏は「結婚、育児で女性は成長できる」という考え。「カヤマー」に支持される香山リカ氏は「それって個人の自由でしょ」と、一歩引いた見方をしている。

 《家庭を持つことは、独身のみなさんが予想していることよりもすてきなことだと思う。ぜひ、妻と母を経験しておかれることをお勧めしたいです》。兵庫県姫路市の女性(51)から、そんなメールが届いた。

 この女性は、会社勤めをしながら結婚、出産、育児をする道を選んだ。さぞ多忙な毎日だっただろうと想像するが、《人間関係や価値観が広がった》《子供が成人した今、それらを経験してつくづく良かったと思う》と、極めてポジティブに受け止めている。

 働く女性に対し、家族や周囲の理解を得るのが難しいケースもあるが、《義理の親や親戚(しんせき)との交流で人間関係が広がり、違った価値観から学ぶことが多かった》。出産、育児では《子供目線で世の中をみるようになった。新しい世代の感覚が新鮮で刺激的だった》。女性は、まさに勝間氏の言葉通り「成長できた」と感じているようだ。

 これまでいただいたメールやファクスでは、意外にも(?)結婚や子育てなどを経験した40〜50代の方に「勝間派」が多かった。妻や母親としてしか体験できないさまざまな出来事に、魅力が大きいということかもしれない。

 とはいえ、やはり主婦業には苦労がつきもの。3人の子供がいるという女性(55)は《家事は終わりのない仕事で、家族はときにはモンスター》と、素直な心情を吐露する。独身であれば、知らずにすむつらさもありそうだ。

 「お金も時間もある独身セレブが一番」「結婚はしたけど子供を産まない人生を選択した」など、違う生き方を選んだ方のご意見もお待ちしています。(奈)

生後6か月の長男の頭に暴行、21歳父親逮捕(読売新聞)
<ネット利用>子どもが初めて持つネット機器は「ゲーム機」(毎日新聞)
<新党>「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
【十字路】サル逃げ出した名古屋・東山動物園で改修完成(産経新聞)
日医・原中会長が総研所長を兼務―歴代会長で初(医療介護CBニュース)

大型車にひかれ母即死、抱いた1歳児は無事(読売新聞)

 6日午前11時10分頃、埼玉県飯能市中山の国道交差点で、幼児を抱いて横断歩道を歩いて渡っていた近くの主婦中村友美さん(34)が、右折してきたタンクローリーにはねられ、頭部を圧迫されて即死、路上に放り出された次男天柾(てんま)ちゃん(1)は頭に軽傷を負った。

 飯能署は、運転手の川越市新宿町、大沼幸一容疑者(59)を自動車運転過失致死傷容疑で現行犯逮捕した。調べに対し、「正面にいた車に気を取られ、右後方への注意を怠った」と供述しているという。同署は、大沼容疑者が右折する際、後輪で中村さんを巻き込んだとみて調べている。

 事故当時、現場近くにいた男性(68)は「ドーンという鈍い音がして交差点に向かうと、女性があおむけに倒れていた。両手は子どもを抱きかかえていた感じが残っていた」と語った。

 男性によると、天柾ちゃんは中村さんの足元で泣いており、信号待ちをしていた車の運転手が助け、歩道にいた女性に渡し、その後、救急車で運ばれたという。

日本医師会あての鉢植え発火 職員のライター、フィルム引火か(産経新聞)
山崎さんのシャトル打ち上げへ=日本人最後の飛行−宇宙基地に物資補給(時事通信)
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」(産経新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」−奈良(時事通信)
お台場で大量発炎筒燃える=メーカー男性引っ越し中、一時騒然−東京(時事通信)

<スペースシャトル>打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら日米の7人を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」が5日午前6時21分(日本時間午後7時21分)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。米航空宇宙局(NASA)によると、ディスカバリーは約9分後に予定された高度で主エンジンを停止し、打ち上げは成功した。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 山崎さんは初の宇宙飛行で、日本人の女性飛行士は向井千秋さん(57)=宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙医学生物学研究室長=以来2人目。今回のミッションでは物資移送責任者(ロードマスター)として、実験装置や補給物資など約6トンの積み荷を運ぶ責任を負う。

 ディスカバリーは日本時間7日夕、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング。ISSに長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が山崎さんを出迎える。日本人2人が同時に宇宙に滞在するのは史上初めてだ。

 シャトルはあと3回の打ち上げで退役することが決まっており、山崎さんは日本人最後の搭乗者となる。92年に毛利衛さん(62)が搭乗して以来、山崎さんを含め計7人の日本人がシャトルで宇宙へ旅立った。シャトルの退役後、日本の有人宇宙活動はロシアのソユーズ宇宙船を利用して続行する。

 ディスカバリーは日本時間18日夜に地球に帰還する予定だ。

【関連ニュース】
【関連記事】離婚の危機もあった 山崎直子さんが宇宙へ向かうまで
【写真特集】日本の宇宙開発 山崎さんら日本人飛行士のプロフィール掲載
【写真特集・日本の宇宙開発】月探査機かぐや:迫る月面、1分おき撮影 最後の映像公開
【写真特集・日本の宇宙開発】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
【写真特集】日本初の有人宇宙施設「きぼう」はこうして打ち上げられた

ネットいじめにも対応、45年ぶり指導手引書(読売新聞)
<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)
国家試験合格率、PTが92.6%、OTが82.2%(医療介護CBニュース)
<北九州社長殺害>元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
<火災>塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田(毎日新聞)

<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)

 約35年間寝たきり状態だった夫を殺害したとして、埼玉県警岩槻署は26日、さいたま市岩槻区南下新井、無職、溝根久美子容疑者(69)を殺人容疑で逮捕した。同署によると、「夫に楽に死なせてほしいと何回も頼まれ、首を絞めた」と供述しているという。

 逮捕容疑は、25日午後9時45分ごろ、自宅寝室で、夫の貴照さん(78)の首をさらしで絞めたり、鼻と口をタオルでふさぎ殺害したとしている。同署によると、久美子容疑者は午後10時過ぎに「夫の首を絞めた」と自ら110番。貴照さんは病院に搬送されたが、約1時間後に死亡した。

 岩槻署によると、久美子容疑者と貴照さんは2人暮らし。貴照さんは約35年前、自宅で作業中に転落し、頸椎(けいつい)を損傷して寝たきり状態になったという。近くに住む男性(83)は「脚立から落ちて寝たきりになったと聞いている。奥さんもほとんど外出せず、介護が大変そうだった」と話した。【久保玲】

上司に怒られると思い…巡査が当て逃げ容疑(読売新聞)
<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>京都の重要文化財、碧雲荘を視察(毎日新聞)
「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<強盗容疑>万引きし外へ、呼び止められ暴行 小学教諭逮捕(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
債務整理
カードでお金
カードでお金
クレジットカード現金化
探偵事務所
selected entries
archives
recent comment
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    みっくみく (08/27)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    紳士28号 (06/07)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    志波康之 (01/15)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    道隆 (01/03)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    タンやオ (12/29)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    リョータ (12/25)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    モグモグ (12/18)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    俊之 (12/05)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    さもはん (11/27)
  • 「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
    しゅうじん (11/21)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM